サラリーマン起業だからできる自己投資方法

遡ること4年前の12月に私は友人と会社を作りました。
当初やりたかったことは今でも実現できてはいませんが、足元を支えるための事業がうまくいき、あれよあれよと5期目を迎えています。

起業にはお金は必要なの?

一応、経営者の端くれなので、よく「起業するにはお金が必要ですよね?」と聞かれることがあります。設備投資や社員を一気に抱えてやるのでしたら、それなりに必要でしょう。でも、私のように自分で稼げる事を自分でやるのであればそんなにお金は必要ありません。

設立にかかる登録免許税、行政書士費用や必要な定款認証、収入印紙が約20万円。
資本金、10万円。

30万円ですね。
30万円というお金を用意できない方はそれは考えたほうがいいですが、普通用意できる金額だと思います。

たった30万円で、最初の壁はクリアです。起業したいと考える人は考える前に会社作ってしまったほうが早いです。

なんて偉そうに言いますが、私、30万円ですらケチったんです。

合同会社であれば、登録免許税は6万円、定款認証もなしで20万円もあれば起業できます。

私が最初選んだのはこっちです。ケチだから笑 吹けば飛ぶような会社です。
今は資本金もだいぶ増えて、株式会社に変更しています。

たったこれだけのお金、手間だって行政書士に頼むだけ、そんな簡単なことでも、やった人間とやらずにいる人間では差が出てきます。

なんていうか、会社作った以上は稼がなきゃって気持ちになるんですよね。起業したいって悩むくらいなら作ってから考えればいいと思います。

人間、やらなきゃいけない環境に身を置かないと動かないものです。

今回のお題ですが、最初の自己投資ポイントはここです。さっさとお金払って会社だけ作ってしまう。看板だけぶら下げてしまいましょう。

サラリーマン起業という選択

私自身、当然そんなすぐ稼げるわけじゃなかったので、最初の1年はサラリーマンの週末起業でした。でも、会社作った、というだけ、たったそれだけの事実でだいぶ変わります。今覚えば、自分自身の最初のターニングポイントでもありました。

その後週末や平日の会社終わりにひたすら仕事を作る事を始めました。いままでの自分のしてきた事で何か事業が出来ないか、とずっと思案を巡らせます。

そうして毎日考えていると、それなりに見つかるわけです。自分なりの稼ぎ方が。私はアイディアだけなら1000個くらいありました。そのうち試したものは100個くらいですかね。当然、それをやるためにはお金をかけました。

お金の出所は、サラリーマンの給料です。会社でやるにも資本金10万円ですからね、即消えます。でも私はサラリーマンだから、趣味にお金をかけるように事業になる種を作るべくお金を使いました。これも自己投資です。生活にかかるお金以外、全て投資していました。

そのうち、事業の種の中からいくつか芽を出すようになりました。ちょっとずつ稼げるものができ始めたんです。

稼いだお金は

結果的に、1年目はサラリーマンしながら年商800万円稼ぐことができました。年商といっても、自分の報酬もつけてなかったし、自分でやってたので、ほぼ粗利です。もともとは。

しかし、うちの会社の決算はギリギリ黒字でした。ほんと数万円黒字。なぜか?稼いだお金、全部事業投資してたからです。

ここがサラリーマン起業の強みです。自分の会社の報酬なんて、給料あるからいらないし、生活に困らないから全て事業に突っ込めます。

具体的には、下請け仕事を工夫して取れる仕組みを作り、自分でやってるだけだけでは捌ける量に限界があるので、フリーランスを抱えて組織的に機能させ、取れる仕事のパイを増やしました。外注費と言う名の投資です。

また、うちは映像系の仕事をしてますが、業務用の機材なんかは高いわけです。そんなのも買い揃えていきました。500万円以上かけました。

そうしてやっていくと、だんだん楽しくなってくるんです。仲間を増やして装備を揃えて、RPGをやってるような気分ですね。どんどんレベルアップしてるような気分になって、とても楽しいんです。

それも、サラリーマン起業だからできたんだと思います。目の前の生活費に苦労はしないから。

そのあとでサラリーマン卒業

創業1期目を終え、サラリーマンを辞めました。その頃にはなんとか食べていけるようになっていたからです。

初年度800万円稼げたなら、お前の言ってる投資なんかしなくても貯金しておけばそれでサラリーマン辞めれたじゃないか。と言う人もいるでしょう。

当然ですが、それ貯金してると2年目もその程度の規模にしかなりません。せっせと木の棒かなんかでスライム倒してるのをずっと繰り返すようなものです。仲間だって増やすことはできません。

だからこそ、必要なものはさっさと買い集める。そのために稼ぎを全て回す。そのうち人を雇ったりオフィスを借りたりもするでしょう。そうなっても怖くないんですよ。投資のクセがついているから。

それって、サラリーマンしてなくてもやれるんじゃない?

賢い人は気づくでしょう。お金借りて初期投資から全て揃えてやればいいじゃないかと。最初から装備と仲間をつけて戦えみたいな。

正しいと思います。やることが明確にあるのであれば。必ず最初に決めた事業でやりきる自信があればそうしたらいいと思います。

でも、やる事を決めきれず、それでも現状を打破し自分らしく生きてみたいという人もいるでしょう。そういう人にとって、返さなければならない資金を調達して、自分でコントロールしたこともないような資金を操る環境下で事業を行うことは、精神的にもとても辛い事です。

そういう人は私のようにサラリーマンをしながら、事業の種を見つけて、少しずつ育てるのも良いと思います。楽しくなければ続けられません。ですが投資は必要です、絶対。

自分のコントロール出来る範囲で投資し、楽しくなければやめればいいんです。別の種探しましょう。そのくらい心に余裕を持たせてやるのも、悪くはないですよ。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です