起業家5年生の私のこと

自分で起こした会社も曲がりなりにも5期目に差し掛かり、自身の年齢も30歳の大台を超えたこともあり、私がやってること、これまでのこと、思うことを書くことで、少しは人の役に立てるのではないか、と考えるようになりました。反面教師的な意味でも。

また、私自身が多岐に渡る事業を行う上で、法人個人含め色んなペルソナを使い分けするわけなんですが、ある程度収束させていきたいと考えるようになりました。

やっていること

私の場合、何かアイディアをもって今までにない革新的なサービスを生み出して企業したわけではないです。それはスタートアップなどと呼ばれますね。

今やっていることについては組織的にやっているものと、個人的にやっているものがあります。内容もバラバラ、多岐にわたります。組織的にやっていることは以下。

ライブ配信制作
動画制作
教室経営
スタジオ経営
WEBメディア運営
WEB制作
衣装制作

まぁこれだけでもこんなにあるわけです。次に個人的なもの。

カメラマン(写真、動画)
ライブ配信番組ディレクター
SEOコンサルタント

ワークショップ経営コンサルタント
キャスティング代行

とまぁこんな感じです。多岐にわたります。スキルの掛け合わせって流行り言葉みたいになったと思いますが、私のはほとんどがスキルの足し算です。中には掛け合わせてできるものもありますが、基本は足し算にしかなりません。

映像制作の打ち合わせにいってSEOの話したって通じないし、番組制作ディレクターの仲間に教室経営の話したってはぁ?ってなるわけです。ですが、各仕事自体も点と点でしかないように見えますが、線で結ばれることもあるわけです。それが今の仕事と会社のスタンスです。

ではどうやって今のスタンスを作っていったかというと、いくつかのパターンに分けられます。

サラリーマン時代からの繋がりの事業

これはわかりやすいですね。サラリーマン時代に行なっていた仕事を下請けとしていただく形です。

元々インハウスのSEO担当やWEBディレクターだったこともあり、WEBマーケティングや制作の仕事をもらったりしていました。

さらに前のサラリーマン時代には、ライブ配信プラットフォームで制作プロデューサーをやっていたので、その流れで仕事がくるようになりました。ライブ配信にはカメラマンや音響、映像エンジニアなどのオペレーター業務があるのですが、そのオペレーターをフリーランスで組織し、1チームないし2チーム作りました。いまでは大型e-sportsなどの難易度の高いオペも請け負っていて、収益の一つの柱です。

付帯する業務から発生した事業

ライブ配信制作をやっていると、色々まとめて頼めると便利なわけで、付帯する業務も頼まれることが増えるわけです。そうするといくつかこういうのも出来ないか?と聞かれるようになりました。
・イベント記録撮影のカメラマンはいないか?
・イベントの小道具を作れないか?
・番組用衣装はつくれないか?
・タレントキャスティングもしてくれないか?
・番組用動画を作れないか?
そんな中でやるようになったのが動画制作、カメラマン、衣装制作、キャスティングなどです。
カメラは元々趣味だったので、撮影ものは大体できますし、動画の編集も簡単なものはライブ配信制作でもやるので、少しずつスキルを上げていきました。小道具などはいいパートナーを見つけ、都度発注しています。
また衣装制作は親族にパタンナーやデザイナーがいたのでこれもできました。

WEB集客を利用したリアル店舗事業

SEOやWEBマーケティングをやっていた知見から、WEBサイト集客型のリアル店舗をいくつか作っています。それが教室経営やスタジオ経営ですね。教室については先に書いた親族が洋裁パタンナーだったので洋裁教室を、スタジオは写真や動画撮影用と、ライブ配信専用スタジオの2つを経営しています。いづれもWEBマーケティングを通じて集客しています。教室事業は増床、スタジオは増設と右肩上がりで成長を続け、これも収益の柱の一つです。

さらにこれも2つ目にあげた付帯する業務に近いのですが、店舗コンサルやWEB集客の依頼なども増えるわけです。そういった仕事も出てきました。

事業内容だけ見るとバラバラなのですが、実は結構線で結ばれていたりするわけです。

いわゆるイケイケベンチャー企業のような形ではありませんね。ほんと零細企業、スモールビジネスカンパニーです。

好きにいきていくための指針

革新的なサービスを生み出して、VCやエンジェルなどから大型資金調達をしてスケールさせていく、というような華々しいスタートアップが様々なメディアでも取り上げられますが、そういうことができるのは一握りの天才、秀才達の話です。

起業家を目指す人、もしくは明確ではないが何か自分で事業を興してみたいと考える人には、こういった華々しいスタートアップのイメージから、「自分にはアイディアがないから、まだ起業できない」と考える人が私の周りには多いです。

そういった革新的なアイディアがなければ起業したり独立できないかといえばそうではありません。私のような形もあるわけです。

こんな私でさえ、社員は5人だけですが、フリーランスやパートナーを含めると30人程度の組織が作れるようになりました。仕事もたくさん舞い込みます。

いま自分の中にある好きなことやスキルを探してみると、実は色々できることがあるはずです。考え方を少し変えるだけでも世界は広がります。

そういった考え方の種みたいなものを、今後書いていきたいと思っています。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です