カナダグースジャスパー(JASPAR PARKA)の魅力3つとサイズ選びのコツ


CANADA GOOSE(カナダグース メンズ)ジャスパー(JASPER PARKA)
Amazonで見る Rakutenで見る

カナダグースとは


出典:CANADA GOOSE
1957年にカナダ北東部の都市、トロントで創業した『カナダグース』は、常に質実剛健な作りと独創的なデザイン、そして革新的な技術力“メイド・イン・カナダ”にこだわり生産するブランド。ブランドの創業当初からカナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々のほか、南極探検隊、エベレスト登山隊などのプロフェッショナルたちに製品を提供し続けることで、彼らのフィールドでの実体験を製品にフィードバックを繰り返しており、常により良い製品を作り続けています。

最近では機能的でスタイリッシュなデザイン、特徴的な赤いワッペンのイメージが浸透して、タウンユースでもビジネスユースでも使う人が非常に増えています。

カナダグースジャスパーの魅力

日本に合わせたスペックとデザイン性

従来のカナダグースは厳寒の地域に向けた防寒着であったため日本の冬にはややオーバースペックでした。そこで、2012年より発売されたジャスパーは日本仕様として、立体断裁によりボリュームを抑えることで細身で従来よりもタイトな形に仕上がっています。

機能性の高さ

従来のカナダグースの極寒仕様はそのまま。シャトーをリニューアルしたジャスパーですが、よくダウンの量を減らしていると記載がありますが、フィルパワーは625でそのままです。ジッパーには耐久性評価の高いYKK®製2wayロッキング ジッパーを採用。内ポケット3つ。ジッパー付きセキュリティポケット1つ、ドロップインポケット2つついています。

取り外しができるフード

ジャスパーのフードにはコヨーテのファーがついていますが、取り外すことができます。毛はクリーニングの際に割り増しの料金が取られることがありますので、取り外しができると非常にありがたいです。

カナダグース・ジャスパーを買う前に。サイズ感に注意


ジャパンフィットとして、日本のトレンドに合わせてスリムフィットに設計されているカナダグース・ジャスパーですが、サイズ感には注意したいところです。まずはサイズ表をチェックしてください。
カナダグースジャスパーサイズ表
決して安い買い物ではないので、サイズはしっかりチェックしておきましょう。ジャパンフィットとしてローカライズしているためか、特に肩幅はXSが44、Sが45、Mが46、Lが47と、非常に狭くできているのがわかります。肩幅のある人は注意が必要です。

サイズを選ぶときは普段着る時のコーディネート考えて

最近はスーツの上に着る方も多く、とても流行っています。スーツの上から着る場合は体系によっては肩幅が狭かったりということがあるので、ゆとりを持ったサイズで選びましょう。普段着として着るのであれば、カナダグースはかなりハイスペックな防寒性があるので、インナーはそこまで着込む必要なないでしょう。そういう場合は少しタイト目なサイズを選ぶのがいいかと思います。フロントを開けて着ることが多いようなら、多少タイト目なほうがかっこよく着こなせます。

身長に合わせた参考サイズ感

参考までにですが、身長とサイズの適合表は以下の通りです。
160cm~165cm XSサイズ
165cm~172cm Sサイズ
173cm~178cm Mサイズ
179cm~183cm Lサイズ
184cm~ XLサイズ

レビューからみるサイズ感もご紹介しておきます。

身長169体重56で、サイズはXSを選択。他の方同様、XSかSかで悩みましたが、Sサイズだと袖丈の長さが気になったのと、タイトめとあったもののスーツの上に着ることはないと思ったので、XSにしました。

174センチ、74キロのがっちりタイプで、Mサイズです。薄手のシャツ+ユニクロフリースの上に着込んでちょうど良い感じです。

身長167センチ、体重58キロ。標準体型。袖の長さと丈の長さを考え、Sサイズか XSサイズか迷いましたが、ピッタリと着るため XSサイズを購入。試着すると、ちょうど良かったです。

181cm、73kg。やや細身体型でMサイズを購入しました。スーツなどのジャケットの上から着るには流石に小さいですが、普通のニットぐらいでしたらちょうど良いサイズ感でした。

170cm、70kgで胸板は人より厚い、そこそこ鍛えてる自分でM選択してちょうど良い感じです。Sでもギリギリ大丈夫だとは思いますが、Mでも大きすぎることは全くなく、見た目も着心地も本当に丁度良いサイズ感です。

XSかSサイズで迷ったのですがタイトに着たかったのでXSサイズを購入しました。 シルエットもきれいで防寒性も素晴らしいです。ただ、XSはとてもタイトで身長169cm/62kg(筋肉質)だとインナーには長袖Tシャツとシャツくらいしか着れません。

引用:Rakutenみんなのレビュー

身長だけでなく、肩幅・胸の厚みなどを考慮してジャストサイズを選ぶといいでしょう。

カナダグースは偽造品に注意!


ハイブランドで偽造品が流通しているように、カナダグースも多くの偽造品が生産されています。特にわからないのが中のダウン・フェザーにカナダグースの正規の衛生処理を施していないものがあるようです。いくつか偽造品の特徴を見ていきましょう。

ワッペン(アークティックディスク)はカエデが鮮明に刺しゅうされているか・刺繍の全体的な精度を見る


出典:CANADA GOOSE
左:偽物 右:本物
まずアークティックディスクですが、カエデの刺繍をチェックしましょう。偽物の場合、乱雑で稚拙な刺繍のカエデのことが多いです。あとは全体的な刺繍の粗さなどがないか・また文字のスペルが間違っていないかなどチェックしてください。

ファーの材質も確認


出典:CANADA GOOSE
左:偽物 右:本物
カナダグースジャスパーはコヨーテのファーが使われていますが、偽物にはファーの代替品として用いられるアライグマのファーが使われていることが多いです。コヨーテファーは刺し毛は柔らかいものから硬いものまで幅がありますが、カナダグースでは柔らかい毛を使用しています。

ホログラムの有無もチェック


出典:CANADA GOOSE
左:偽物 右:本物
本物のカナダグースにはホログラムがついており、角度によって文字やグラフィックが浮き上がるようになっています。もれなくチェックしましょう。


CANADA GOOSE(カナダグース メンズ)ジャスパー(JASPER PARKA)
Amazonで見る Rakutenで見る

by
関連記事